みなさんご存知ですか??
スポーツ自転車はメーカーから出荷されて到着した時には
仮組されただけで店舗にて組み立てが必要なんです。
料理で言えば素材の状態のままなのです
調理する方によって味付けや盛り付けが変わるように自転車も
組み立てる方が変われば同じバイクでも違うものになってしまいます

定期的にメーカーの勉強会に出席して知識を常に更新すると共に
豊富な経験から得たノウハウをもとに組み立てを行っています


自転車が出来上がるまでの手順


箱から出して傷や不良が無いか目視にて点検します

外観に問題が無ければ、早速組み立てを行います


【作業前】
ブレーキ&シフトワイヤーは長い物が使われている事が多く

そのままでは、抵抗も大きくハンドリングにも影響が出る為
最適な長さにカットをします

 

ケーブル内は注油されていませんので1本ずつ丁寧に注油作業を
施します。これにより長期間スムーズに動作するようになります


【作業後】
フレームサイズやコンポーネント毎によって異なる最適な長さへカット

スッキリするだけでなくハンドリングやレバータッチに大きな差が出ます

次にブレーキシューを最適な角度で取り付ける事により
異音軽減やコントロール性能に差が出来てきます

新品のワイヤー類は延びるのでしっかりと初期伸びをとります
しかし完全には伸びが取れない為、初回無料点検にて再調整を
施し作業を完全なものにします

 パンクの原因となり最重要パーツとも言えるリムテープ
画像のようにずれて穴が見える事や耐久性に問題がある幅の合ってない物が
つかわれることが多々ある為、確認した上で必要に応じて処理を施します

適正幅の耐久性に優れたリムテープへ交換
これにより無駄なパンクを減らすことが出来ます

ハブベアリングの回転が悪い事も多い為、再調整で最高のパフォーマンスを
得られるように微調整を施します

ホイールの振れも取れてないことが多い為、専用の調整台にて
微調整を施します

その他、異音がなりそうな箇所すべてに分解&グリスアップを施します

ブレーキレバーやサドル、ハンドルなど乗車しやすい最適な角度に調整します

最近はケーブルがフレームに内装されるなど作業性はより難しくなり
全ての作業を施すと約2時間掛かる事もあります

自転車店の大切な仕事である組み立て作業、メーカーから出荷された自転車を
100%完全な形でお客様に渡す事
それが最近は誰が組み立てたのかわからない通信販売や品質の悪い自転車が
多いと感じています

自転車はとても便利で楽しい乗り物ですが、凶器にもなりえる怖さを持っています

しっかり組まれた自転車は「走る」「曲がる」「止まる」が確実に出来ます

しかしながら自転車はメンテナンスをし続けなければいけません

ですからKOGでは購入頂いたお客様は無料定期点検サービスを付帯し

軽微な作業は無料サービスを実施しています


自転車は家電製品のようにどこで購入しても一緒ではございません
通販のような誰が組んだのかわからず、メンテナンスが出来ないお店で購入せず
地元のサイクルショップにて購入することをお勧めします